2021.09.26

BATONERのAGING WOOLセーター

こんにちは、829の徳富です。


本日は、今季より取り扱いの開始したBATONERのアイテムをご紹介します。




【BATONER】

2013年、山形県寒河江市で誕生したニットウエアブランド、BATONER。
ニットの産地として知られる山形県で、様々なメゾンブランドやアパレルメーカーの製品を手掛けてきたファクトリー・奥山メリヤスのブランドとして立ち上がりました。
世に送り出されるニットウエアは、原料から製品に至るまですべての工程を高いクオリティで管理し、仕上げられています。
日本が世界に誇る技術と伝統、さらなる品質を追い求める意欲をもって、次の世代へと受け継がれるモノを作り続けていきます。
ブランド名には”受け継いでいくもの”という意味が込められており、古き良き伝統的なニットをモダンにリデザインし、長く大切に受け継がれていくものを追求し続けています。

品質・デザインのクオリティが非常に高く、それでいてプライスのバランスも非常に良い、安心感を感じられるブランドです。



AGING WOOL RAGLAN SLEEVE CREW NECK




去年、私物として購入して調子が良かったアイテム。

今年も展開されていたので、そりゃ勿論オーダー。



原毛の状態で温度・湿度の管理を徹底し一定期間熟成させることにより、その原料が持つ良さを最大限に引き出したエイジングメリノウール。

原料の特徴を表現する為に梳毛では珍しい太番手に紡績した糸で編み立てし、滑らかな風合いと番手以上の膨らみと軽さ、上品な光沢感も併せ持った素材感です。



難しい言葉が続いたので、着用画像。

・ブラック

ミヤケ/身長175cm 体重64kg/サイズ3着用



・ベージュ

徳富/身長172cm 体重57kg/サイズ1着用



・グリーン

ミヤケ/身長175cm 体重64kg/サイズ3着用



ネックはしっかり詰まっていて、生地も薄すぎず分厚すぎずの、使い勝手の良い肉感。

ロンTeeとは違うんだけど、さらりと着れるから着用頻度も上がりがちです。

ガチユーザーとしては、下に襟付きのシャツを着ると収まりが悪いので、重ねるときはスタンドカラー。



あと、推しポイントとしては毛玉。

ニットの製品は毛玉問題は、どうしても避けて通れないところ。

実際に去年着用した感想としては、毛玉になりにくいのかなと。

徳富の完全な個人的な見解です。



そろそろ、この辺りも気になってくる季節です。

オンラインストアに追加しておりますので、是非チェックです。


AGING WOOL RAGLAN SLEEVE CREW NECK


何かご不明な点がございましたらご遠慮なくお気軽にお問い合わせくださいませ。

それでは、本日はこれにて。